三郷の総合歯科医院

東京医科歯科大学提携病院

あいゆう歯科 和光第二診療所
あいゆう歯科 和光第二診療所
メニューを表示

MENU

メニューを閉じる

CLOSE

WEB予約へのリンク

予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY

ホーム 矢印

予防歯科

予防歯科とは

健康な歯を長く保つために

予防歯科は歯を失ってしまう原因となるむし歯や歯周病にならない、悪化させない、再発させないための大切な治療です。 歯を失う原因として最も多いものは歯周病であり、成人の8割が歯周病だと言われています。歯周病のほとんどが痛みのないまま進行していくので、ズキズキするなどの症状が出るころには手遅れになっていることが多いです。そのため、むし歯や歯周病を完治させるには、定期的に歯科医院にお越しいただき、早期にお口の異常を発見することが非常に重要となってきます。

痛くなる”前”の予防が大切

最近の医療界では“予防”が非常に重要視されています。 悪化してから病院に行くのではなく、悪くなる前に病気の原因を発見し、早期に治療にとりかかることでより多くの歯を残す治療を選択できるようになります。 予防歯科の浸透している欧米と日本とでは80歳の残在歯の数に2倍もの差があります。「痛くなったから歯医者さんへ行く」を今日から「痛くならないように歯医者さんに通う」に変えていきませんか?

生涯医療費は歯で決まる?

定期的に歯科医院でメンテナンスを行っている人とそうでない人とでは、定期ケアをする人ほど生涯医療費が安くなることがわかっています。 それは歯の健康が全身の健康と密接に関係しているからです。 歯が悪いと咀嚼する力が衰え、食事が偏ったり歯並びが悪くなったりします。それが糖尿病や骨粗しょう症を招き、口の中だけでなく全身の健康に悪影響を及ぼします。 歯を守ること、それすなわち体全体の健康を守ることなのです。

プロのクリーニングを受けたことはありますか?(PMTC)

むし歯とフッ素

フッ素とは

フッ素は自然界にある元素の一つで、海藻類や魚類、お茶などにも微量に含まれています。骨を作るために重要な役割を果たしており、むし歯予防に高い効果を発揮するため、歯の健康を守るのに大切な成分です。

  • むし歯菌の活動を低下させる

    むし歯を引き起こす細菌の働きを抑え、口内で酸が作られるのを抑制します。

  • 強い歯質作り

    歯の表面を覆うエナメル質を酸に溶けにくい性質にし、歯の質を強化します。

  • 歯の再石灰化を促進

    歯のエナメル質の修復を促し、食事による酸で歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進させます。

フッ素をなるべく長く口内に残すには

私たちは毎日食事をするため、必ず脱灰は起こってしまいます。そのため、むし歯を予防するにはフッ素を常に口内に存在させ、絶え間なく再石灰化を促すことが理想です。 ハミガキ剤に含まれるフッ素は、歯磨きをしている間だけでなく、歯磨き後も口内に残って少しずつ作用します。ではどうしたら少しでも長くハミガキ剤のフッ素を口内に残せるのでしょうか。

  • ハミガキ剤を適量つける

    年齢に応じて適量をつけてください。ここで気をつけていただきたいのが、多すぎてもダメということです。ハミガキ剤が多すぎると少しの歯磨きで口の中が泡立ち、磨いた気になってしまいやすく逆効果になってしまいます。

  • じっくり3分磨く

    短い時間よりも長い時間(3分)かけて磨く方がより多くのフッ素が口に残ります。むし歯の原因となる歯垢をしっかり除去するためにも、しっかりとブラッシングをしましょう。

  • すすぎは少量の水で1回程度に

    歯磨きが終わったら口の中をすすいでハミガキ剤を吐き出します。5~15mlの水で5秒ほどブクブクして終了してください。

トップへ戻る トップへ戻る