歯科CT

歯科用CTとは?

今まで見えなかったところが見えることで、より的確な診断が行えるようになりました

歯科医院におけるインプラント治療、抜歯、歯周病治療、矯正治療など、目に見えない部分の分析や、精密な技術を要するものには、当然のこととして精密な検査が必要です。
しかし、従来のレントゲン写真(二次元)で得られる情報量には限界がありました。
この度3D(三次元)の立体画像を得られる歯科用CTを導入することにより、見えなかった部分を容易に確認し、
より精度を上げることができるようになりました。
ご来院いただく患者様のために、より正確で、より安全な検査・診断を行うことが、
治療の確実性を高めることにつながります。

CT導入により治療の診断が向上します

CTでは、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、
さらに骨密度の診査にも利用できます。
立体画像で状態を確認できますので、患者さんにとって安心、納得の治療が行えます。

導入例

インプラント

インプラントの術前検査、埋入位置の確認、術中、術後評価
=より精密な治療をすることができます。

親知らずの抜歯

親知らずなどの埋まっている歯の位置確認
=埋まっている歯も的確に抜くことができます。

歯周病の診断

CT導入により、目には見えない歯の根っこの先までの状態を
的確に把握することができ、今まで以上に精密な診断が可能になりました。

そのほかのメリット

  • 検査結果や術後の評価がその場でわかります。
  • CTの撮影が必要な場合に、提携病院へ行かなくても撮影できます。
  • 院外撮影に比べると、患者さんの自己負担が半分以下で済みます。
PAGE TOP