予防歯科

定期的な歯のメンテナンスを

大切な歯を守るために

治療も大事ですが、予防はより一層大事です。 歯科医療の限界として、一度治した歯がその後一生虫歯や歯周病にならないと言うことは残念ながらありません。一昔前は治しては悪くなり、また治しては悪くなるといった不毛な治療が繰り返されていました。
しかし、そのつど歯は確実に悪くなっていきます。 いかに治した歯を長持ちさせるか、これこそが最も大事なのです。

むし歯には主に3つの原因があるといわれます。
この3つの重なりがむし歯を引き起こします。
カリオロジーは、むし歯の原因1つ1つをときほぐし、個人個人がどのような状況にあるか、というところから、予防への道しるべを作っていきます。
お口の中の細菌について、ご自分の歯の強さについて、食習慣について、見直すことから始めるのがカリオロジーです。
当歯科医院では、患者さんにあわせて予防を考えていきます。

PMTC
プロのクリーニングを受けたことはありますか?
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)というのは、歯科医や専門の歯科衛生士などが行うお口の清掃プログラムのことです。
歯や歯肉の清掃を専門の器具を使って丁寧に行いますから、予防効果が高いだけでなく、とても気持ちがいいものです。痛みなどはまったくありません。

◆フッ素ケアについて◆

●フッ素ってなんですか
フッ素は歯の健康を守るための大切な成分です。フッ素(自然界にある元素の一つでお茶などにも微量に含まれています)は骨を作るために重要な役割を果たしており、むし歯予防に高い効果を発揮します。

●フッ素はなぜ歯にいいのですか
・歯のエナメル質の修復を促進し、食事による酸で歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進させる。
・歯の表面を覆うエナメル質を酸に溶けにくい性質にし、歯の質を強化します。
・むし歯を引き起こす細菌の働きを抑え、口内で酸がつくられるのを抑えます。
このようにフッ素はむし歯の発生と進行を防いでくれます。

●フッ素をなるべく長く口内に残す
ハミガキ剤に含まれるフッ素は、歯みがきをしている最中だけでなく、歯みがき後も口内に残り、少しずつ作用します。毎日食事をとるからには必ず脱灰は起こります。ムシ歯を予防するには、フッ素を常に口内に存在させ再石灰化を促すのが理想なのです。そのために、なるべく長くフッ素を口内に残す工夫をしましょう。
・ハミガキ剤を適量つける
年齢に応じて適量をつけてください。多すぎると少しの歯みがきで口の中が泡立ち磨いた気になってしまいやすい逆効果となります。
・じっくり3分みがく
短い時間より長い時間(3分)かけて磨くほうがフッ素が口内に残ります。むし歯の原因となる歯垢をしっかり除去するためにもしっかりとブラッシングをしましょう。
・すすぎは少量の水で1回程度に
歯みがきが終わったらハミガキ剤を吐き出す。5~15mlの水で5秒ほどぶくぶくして終了してください。

PAGE TOP