かぶせ物・つめ物

治療後の歯をまもるために

患者様の歯に優しく、美しい歯に見せるために

白い歯にしたい、前歯の隙間が気になる、きれいな歯並びにしたい、などのご希望に、専属の歯科技工士が歯科医師と連携して、最適なかぶせ物・つめ物をご提供します。

美しさは口元から
審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。
保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

◆むし歯治療後の歯をまもるために◆
保険診療のつめ物、かぶせ物
むし歯などを治療した際、削られた歯にはめこむつめ物として広く使われているのが銀歯です。しかし金属を使用した詰め物は審美性が悪く、金属アレルギーや長期的に見て錆びてしまう可能性、歯と詰め物との隙間に細菌が入り込み、さらに詰め物の下が虫歯になるケースがあるため、最近では減少傾向にあります。
保険診療の使用できる範囲では、レジンを使用した詰め物がありますが、こちらは耐久性が低く、着色しやすい欠点があります。

◆自費のつめ物、かぶせ物◆
保険適用外の自費でのつめ物、かぶせ物の場合は、値段に応じて審美性、耐久性に優れたつめ物やかぶせ物を選択することができます。同じレジンでも保険診療で使用するレジンと適用外で使用するレジンは異なります。大きな違いはむし歯を削った穴をよりきれいに埋め合わせることができ、元通りの歯に近い状態を復元することができる点です。精密かつ確実に調整する必要があるため、治療に時間がかかることがあります。自費でのつめ物、かぶせ物は再治療を防ぐ大きなメリットがあるため、今後の歯の状態を長い目で見てご判断ください。

PAGE TOP