インプラント 

人工の歯で長く健康に

ナチュラルな見た目と違和感の少ない咬みごこちを

インプラントとは、歯が失われた部分の骨の中にチタン製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

第二の天然歯とまで言われています
インプラントとは、むし歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合に、骨に直接埋め込む人工の歯(人工歯根)のことを言います。
歯を失った場合にそのままにしておくと、周りの歯が傾いてしまうので、何らかの形で早期治療が必要となります。
インプラントはかむ力が入れ歯とは比べ物にならないほど強く、お手入れも簡単なので、入れ歯よりも幅広く食事が楽しめます。

インプラントなら周りの歯に負担をかけません
従来は歯を失った場合、ブリッジや義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジは失った歯をはめ込むために両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなることがあります。また、義歯(入れ歯)は、堅い物をかむと痛みがあったり、かむ度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。また、抜けた本数が多い場合には、義歯を支える歯にも大きな負担がかかってしまいます。
インプラントなら、周りの歯に負担がかからず、インプラントを入れていること自体を忘れてしまうほど自然な装着感です。

10年後でも95% カギはメンテナンス
インプラント治療は、成功率の高い治療
インプラント材料の技術は目覚しく発展しています。
近年の研究報告では、インプラントが10年後口の中で機能している確率は約95%でした。
インプラントは、正しく利用することで、長持ちする治療法と言えます。
長く持たせるためにインプラント治療で最も大切なのは、治療終了後のメンテナンスです。
長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスに通っていただく必要があります。

インプラントの具合が悪くなったら
インプラント材料の技術は目覚しく発展しています。
残念ながらインプラントはすべての方が一生使用できるわけではありません。
なかには除去しなければならないケースもあります。

インプラント除去は多くの場合「自分の歯」を抜くのと同じです。
インプラントを除去した場合、ほとんどの方が「再びインプラント治療」を希望されます。
その際はインプラントを抜いた部位の骨の回復後、再度インプラント治療を行います。

ただし、骨の吸収が進んだ場合には再度のインプラント治療が不可能な場合があります。
※インプラントが悪くならないように手入れを行い、定期健診を受けましょう

PAGE TOP