ホワイトニング

ホワイトニング|本来の白さへ

ご自分にあった方法で本来の色より白く

ホワイトニングとは、虫歯の治療や日々の生活などなんらかの原因で着色してしまった歯の表面に専用の薬剤を塗り、化学的に白くする方法のことです。気になっていた歯が白く美しい歯になれば、自信を取り戻し歯を見せてにっこり笑えます。

ホワイトニングが気になっている方へ
写真や鏡を見たとき、ご自分の歯の色が気になったことはありませんか?歯の綺麗な人を見た時、うらやましく思ったことはありませんか?むし歯・歯周病等の治療や歯の矯正治療がすべて終わったとき、同窓会等で人と会うとき、結婚式等の大事なイベントがあるとき、「歯をもっときれいにしたいな」と思ったことはありませんか?

これまで、歯を気にして人前で話したり笑ったりができない、したくない、と思っていた方、ぜひ一度当院にご相談ください。白く美しい歯は、あなた自身の魅力を増幅させ清潔で健康なイメージを相手に与えます。歯科医院でのクリーニングは、歯石や歯垢、茶渋等の歯の表面の汚れをきれいに落とすことができますが、さらに「歯自体の色を白くしたい」、そんなときには、ホワイトニングが非常に効果的です。


歯の着色の原因について
歯の着色の原因はさまざまです。コーヒー・お茶・タバコ等の生活習慣によるもの、加齢によるもの、全身疾患によるものなどで歯の色がいつのまにか黄色っぽくなってしまいます。
こういった着色もホワイトニングで改善することができます。どうぞ当院へご相談ください。
2通りの方法からお選びいただけます。
・医院で行う「オフィスホワイトニング」
・ご自宅で行う「ホームホワイトニング」
医院で受ける「オフィスホワイトニング」は、その日に効果が得られます。
ご自宅で行う「ホームホワイトニング」はゆっくり長期的に回数を重ね、徐々に効果が表れる方法です。
どちらでもご自分に合った方をお選びいただけます。当院でご相談のうえ、決めていただけます。

歯が白くなるメカニズム
ホワイトニング治療に使用する薬剤・ジェルには過酸化尿素という成分が含まれています。過酸化尿素は、歯を傷めることがなく内部の色素を細かく分解する作用を持っています。これを継続的に作用させることによって、内部までしみこんでより深いところの色素まで分解し、徐々に色素を減らして、歯を白くすることができます。

ホワイトニング よくあるご質問

Q:ホワイトニングは専用の薬剤を使うそうですが、どんな薬剤ですか?
A:消毒で利用するオキシドールに含まれている成分と同じです。
ホワイトニングで使用する薬剤は、過酸化水素や過酸化尿素を弱酸性に調整したものです。論文も発表されていて、安全性も保証されていますので、ご安心ください。
Q:ホワイトニングでどの程度白くなりますか?
A:効果には個人差がございます。
変色の原因や程度・歯の質等により、得られる効果には個人差があります。あくまで、その方の元の歯の色合いから徐々に白くなっていくものですので、ご希望されるとおりの白さにはならないこともありますが「どの程度まで白くなるのか」又「どの程度白くするか」を、確認しながら進めていきます。

Q:どんな歯でも誰でもホワイトニングできますか?
A:ホワイトニングには適応症がございます。
ホワイトニングには適応症があり、又、白く出来る限界もあります。患者さんの歯がホワイトニングに適しているのか、十分にカウンセリングを致します。
Q:ホワイトニングって痛くないのですか?
A:薬の作用で歯が脱水症状を起こし、その際一時的に痛みが出る場合がありますが暫くしますとおさまりますので、ご心配いりません。
ホワイトニングは歯を削ったり、麻酔をしたりする痛みはありません。




Q:ホワイトニングで白くなった歯は、その後はずっと白いままなのでしょうか?
A:オフィスホワイトニングは1~2年に一度、ホームホワイトニングは半年から1年に一度のメンテナンスが必要です。
白さを持続させるにはメンテナンスが必要です。オフィスホワイトニングは1~2年に一度、ホームホワイトニングは半年から1年に一度のメンテナンスが必要です。
ホワイトニングで得られた効果が永久に持続するのが望ましいのですが、残念ながらそうではありません。その方の歯の性質や生活習慣によって持続する期間は異なります。
一度手に入れた白さをなるべく長い期間維持する為には、オフィスホワイトニングの場合は1~2年に1度、ホームホワイトニングの場合は3~6ヶ月に1度の追加ホワイトニ ングをしていく必要があります。追加ホワイトニングを定期的に行うことにより、再着色しにくい歯になっていくという結果が報告されています。再着色する理由としては、食物などによる外因性着色や年月とともに色調が濃くなるという自然現象等があり、ゆっくりではありますが、術前の状態に戻っていきます。


Q:妊娠中のホワイトニングは可能ですか?
A:安全性が確認されておりませんので出来ません。
妊婦・胎児に対して問題があるという文献は無いのですが、問題が無いという文献もありません。
したがって安全性が確認されていない事から、適応外とさせていただいております。