MTM

メディカルトリートメントモデル

メディカルトリートメントモデル(MTM)とは

メディカルトリートメントモデルとは、初期のリスク評価から、個々の患者さんに合わせた予防プログラムの立案、治療などを行い、最終的には 定期メインテナンスに至るまでの流れのことをいいます。

歯科医療の目的は、【早期発見してむし歯などによる破壊部分を外科的に治療すること】【欠損部分を補うこと】という従来の流れから、近年では 【できるだけ欠損時期を遅らせるようマネジメントしていく】方向へと向かいつつあります。もちろん、そのためには医療者は多くの専門的な知識と的確な技術を 保持していることが必要です。そのスキルを適切な場面で行うことで、患者さんが安心して持続的に来院できるような人間性やコミュニケーション能力も欠かせない能力 であるといえるでしょう。また、診療所は快適かつ清潔で、個人のプライバシーが守られた環境でなくてはなりません。

初診、診査、診断について
患者さん一人ひとり、かかりやすい疾病やその原因が違います。ですので、最初に正確に診査、診断をすることが治療、予防の第一歩といえるでしょう。年齢、歯の部位、最近の種類と数、唾液や歯の性質など、いくつかの要素が重なった時に、歯や歯周組織の病気が始まります。予防はその危険度に応じて、危険性のある部位や全身の 状態などを知った上で行う必要があるのです。

むし歯、歯周病の発症前治療と最小侵襲治療について
歯を失う90%の原因で、歯の二大疾患であるといわれているのが、むし歯と歯周病です。そのむし歯や歯周病を発症する前の潜伏期、または初期の段階できちんと治療と予防を行えば、自分の歯を生涯健康に保つことができる可能性はぐんと高くなります。削ってしまった歯を元に戻すことはできませんが、歯を失うかもしれないリスクは、予防により減らすことができることを忘れないでください。

サリバテスト(唾液検査)ってなに?
MTMを始めるにあたって、口の中の状態やむし歯、歯周病のなりやすさを調べるためにサリバテストを行います。
このテストを通して、患者様にむし歯の原因、進行、予防方法をわかりやすく伝えることができます。サリバテストは唾液を採取して行います。唾液にはお口を守る力があります。ひとりひとりによって唾液の量や強さが異なり、それらを正確に把握し、お口に潜むむし歯菌についても調べるために欠かせない検査なのです。
長く健康的な歯を維持したい方、虫歯が気になるお子様、妊娠中の方、歯ブラシをしているのに虫歯になりやすい方にお勧め致します。

サリバテスト(唾液検査)の重要性
唾液は歯の再石灰化にとても重要な役割を担っています。唾液量をはじめ唾液に含まれるむし歯や歯周病の原因菌の数(ラクトバチラス菌やミュータンス菌)の把握はこれから歯を大切にしていくうえでとても重要なことなのです。むし歯になってしまった歯は元に戻せませんが、唾液の質はサリバテストの結果が悪くても口腔内を清潔にメンテナンスすることで良くなっていくものなので、まずは現状を把握するために検査を行い、検査結果を元に予防プログラムを実行し、唾液の質を高めていくことが大切です。
お口の中の唾液がねばっこい、口の中が乾きやすい人はむし歯になりやすい傾向にあります。
一度、ご自身の口の中の状態を把握するためにも、とても重要な検査です。

メインテナンスについて
それぞれの患者さんのリスクと、効果的な予防法を担当の歯科衛生士やドクターがきちんと把握した上で、口腔内の健康を維持するためにむし歯や歯周病の 原因であるバイオフィルムを破壊、除去し、継続的な管理をすることがメインテナンスです。
こちらのページから、MTMの基本的な流れについて、お子様と大人の場合に分けてご説明いたします。


PAGE TOP